気が付いたらくっきりと…目元のシワ原因と対策

少し前までは気にしたこともなかったのに、ある日くっきりと目じりにシワが…
年齢を感じる瞬間はショックですよね。

 

お肌が乾燥している時や、疲れがたまっている時などは特に気になるもの。
気分も落ち込んでしまいます。

 

加齢による変化には逆らえず、根本的に取り除くことは難しいもの。
しかし、スンケアでなるべく目立たないようにすることは可能です
毎日ベストのコンディションを目指しましょう。

 

 

目元のシワの原因はなに?やっぱりアイツが天敵だった

 

年齢に関係なく目元にはシワができるもの。
幼い子供でも、笑えば目じりにシワがよりますよね。

 

しかし、年齢によってお肌のハリは失われてしまいます。
特に、目元は皮膚が薄いうえに、筋肉を良く使う部分で負担も大きいです。
とても繊細なパーツなのです。

 

シワが出来てしまう原因のひとつは乾燥です。
お風呂上りには目立たないのに、時間がたつと徐々に目立ってくるシワは水不足が原因のシワです。

 

この乾燥を助長するのが紫外線です。
紫外線は肌のバリア機能を壊して、皮膚の水分をたもちにくくしてしまいます。

 

 

目元のシワを解消するポイントは保湿!

シワの基本的なケアはまず保湿です。
今までアイクリームを使っていなかった方は是非取り入れるようにしてみましょう。

 

こすり過ぎはあらたなシワの原因となりますので、やさしくなじませましょう。
週に何回か目元専用のパックを取り入れることも有効です。

 

お風呂上りの水分を保った状態でケアするとより有効ですね。
オフィスの中や移動中など、乾燥するシーンではメイクの上からクリームをプラスすることも応急処置になります。 

 

 

紫外線対策は忘れずに

肌のバリア機能にダメージを与えてしまう紫外線。
紫外線対策を怠るとシワにも悪影響です。

 

保水機能を損なうため、乾燥によるシワが助長されます。
自然にすこやかな肌になるために、毎日紫外線対策を欠かさないようにしましょう。
特に目元は日焼け止めの塗り残しが多い場所。
お化粧の前に意識してつけましょう。

 

しかし、目元は特に皮膚の薄い場所。
SPF値の高い日焼け止めは荒れてしまうこともありますよね。
そんなときには、部分的にせっけんで落とせる肌に優しいタイプを使うと良いでしょう。

 

クレンジングは専用のリムーバーで

シワの原因として、先述のような水分不足のほかに「こすりすぎ」が考えられます。
お化粧の際やスキンケアの際にこすり過ぎていませんか?
特に、ヘビーなアイメイクを落とすときのクレンジングには要注意。
無理矢理落とそうとして、つい余計な力が入ってしまいがちです。
専用のポイントリムーバーを使うようにしましょう。
コットンや綿棒を使うと、摩擦を少なくできますよ。

 

ただ、さらりと落ちるポイントリムーバーには界面活性剤が多く含まれていることも。
肌に必要な油分まで落としてしまう可能性があります。
ぬるま湯でよくすすいで、すぐに保湿すると良いですね。

 

眼精疲労に注意

皮膚のトラブルであって、目は関係ない…と思いがちですが実はそんなことはありません。
眼球の不調は皮膚にも影響します。
筋肉の多く通っている目元は、酷使すると筋肉にも疲労がたまります。
また血流が悪くなることによって皮膚を弱らせてしまいます。
長時間PCやスマホでの作業をした後には、ホットマスクをするなどして目を休めるようにしましょう。

 

クリニックでの治療

シワは多くの女性の悩みです。
美容外科でも様々な施術方法があります。
いずれも人工的な方法ですので、一度施術すれば定期的なメンテナンスが必要です。
まとまった予算も必要になります。
効果が劇的な分、負担の大きな選択肢と言えるでしょう。
よく検討したうえで、信頼できるクリニックにお願いしたいですね。

 

普段のケアでシワを目立たなくする方法をご紹介しました。
根本的に解消しようとやっきになるより、スキンケアやメイクで上手に付き合っていきましょう。
毎日少しずつケアをしたうえで、メイクも以前のままではなく変化を持たせてみるのも良いですね。
暗い色で目元をくっきりさせるよりも、明るい色で飛ばしたほうがはつらつとした印象になる事も。
「仕方がないから」とあきらめる前に、変化をつけて楽しくいきましょう。

 

 

 

 

人気のアイクリームはどれだ?

どのアイクリームが良いのかわからない。
いきなり1万円もする商品はちょっと不安。

そんな方はこちらを参考にしてください。
実際に使ってみたり、口コミを参考に一押しのアイクリムを3つ選びました。

→今売れているアイクリームランキングBest3は?