以前よりクマが目立ってなんだか疲れてみえる…
その原因は目元のたるみです。

 

年齢によって目の下の柔らかい部分が下がってきてしまうのです。
影が出来るためにお顔全体の印象もどんより…なんとかしたいものですよね。

 

原因をしっかりおさえて、毎日のお手入れで明るい目元を目指しましょう。

 

【原因は?】どうして目元のたるみが起こるの?

顔には「表情筋」という無数の細かい筋肉が通っています。
身体の筋肉と同じように、この表情筋も年齢とともに衰えていきます。

 

顔全体にハリがなく下にさがったように感じるのはこの為です。
特に目の下の「涙袋」は脂肪の多い部分ですから、余計に目立ってしまいます。
さらに皮膚自体のハリも失われていきますので、まさに「たるみ」は大人ならではの悩みと言えるでしょう。

 

 

目元のたるみ解消法

たるみを目立たなくするポイントは大きくふたつあります。
「表情筋のストレッチ」と「下まぶたをすっきりさせる」ことです。

 

お顔には生活習慣が表れます。普段あまり表情筋を動かさず、ストレスの多い生活を送っていませんか?

 

笑顔の表情を作って、筋肉をほぐすだけでも人間は幸福感を感じるそうです。
普段意識していないことを、少しずつ変えるだけでも良い変化が得られるはずですよ。

 

 

表情筋を刺激しよう

たるみに一番有効なのは、表情筋を鍛えることです。
まず、眼球の周りにはぐるりと筋肉があることを意識します。

 

これらをほぐしたり、刺激をあたえたりしていきます。
簡単なことですが、目線をいろいろな方向に動かしたり、ウィンクをしたりするだけでもストレッチになります。

 

意識してゆっくりまばたきをするのも有効ですね。
手を使って目尻をそっと引っ張ると、横の筋肉に刺激があります。

 

これらの動作を十秒間キープしてみましょう。
身体の筋肉と同じで、キープしているときに一番負荷がかかっています。
毎日少しずつ繰り返すことで、表情筋は強く柔らかくなりますよ。

 

有効なマッサージの方法

皮膚のケアの為に、アイクリームはかかせません。

 

大人の肌はすぐに水分が失われがちです。
保湿には常に気を付けましょう。

 

クリームをつけるときには、必ずマッサージをしましょう。
表情筋がほぐれ、さらに指の熱でクリームが浸透しやすくなります。
まずはこらないよう、やさしく指をすべらせます。

 

その次にツボ押しをしてみましょう。
眼球の周りの骨や、こめかみのあたりを2〜3秒優しく押さえます。
コリがほぐれて血流が良くなり、筋肉やお肌により栄養が行き届くようになりますよ。

 

こすりすぎに注意

ストレッチも、マッサージもこすり過ぎには注意です。
意外なことに、こするだけでも皮膚にはたくさんの負担がかかっています。
刺激に反応し、肌がメラニン細胞を作って茶色くクマになってしまうことも。
やたらにこすり過ぎるのはやめましょう。
クリームを付けた手で、なでるようなイメージで触ります。
皮膚の表面がしずまないくらいをイメージしましょう。

 

まぶた自体もすっきりさせよう

下まぶた自体が厚いと余計にたるんでみえてしまいます。
むくみをとり、脂肪を燃焼させましょう。

 

まずむくみは余分な水分を顔からとりのぞくことに気を付けます。
まずは普段からこまめに水分をとるように気を付けます。

 

特に顔のむくみが気になる朝は、寝起きにコップ一杯のお水をとりましょう。
洗顔後、乳液をつけるときにこめかみや耳の裏、首筋などリンパの通り道をなでます。

 

これだけでも、だいぶすっきりとした印象になるはずです。
入浴時にはまぶたのしぼうを燃やしましょう。

 

温かいタオルをしばらくあててみましょう。自然とすっきりするはずです。
温めることは血行がよくなりますので、お肌の新陳代謝も活発になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のアイクリームはどれだ?

どのアイクリームが良いのかわからない。
いきなり1万円もする商品はちょっと不安。

そんな方はこちらを参考にしてください。
実際に使ってみたり、口コミを参考に一押しのアイクリムを3つ選びました。

→今売れているアイクリームランキングBest3は?